ブレイクダンス アップロッキングとグライド

ブレイクダンス技 今回のレッスン動画は
「UP ROCKING-アップ ロッキング」と
「GLIDE−グライド」
グライドとは滑るように動くこと

まずはアップロッキングだけれどこれはもう見よう見まねだね。
ただこのQ. Burdette講師は

チャチャチャ、チャチャチャ、チャチャチャチャチャチャチャ、というリズム
そう、三三七拍子とその変形を組み合わせているのがわかるね。

もちろん曲によって変わるけど、マッ、最初はこのリズムでやってみましょう。

UP ROCKING-アップ ロッキング動画

次は「GLIDE−グライド」
基本の動きは
PUSHING= プッシング=押す
Switching=スイッチング=切り替え
Pulling=プリング=ひっぱって動かす

プッシングは
右足のかかとを上げひざを曲げ→左足を開いて左右の足をベタ足

スイッチングは
左右のかかと又はつま先を外側に開くか、内側に絞り込む。

Q. Burdette講師は一回目は左のかかとを上げ外側に開き
右足はかかとつけたまま、つま先を内側に絞っているね。

プリングは
左足はかかとを上げたまま、
右足のかかとで右足を左足にひきつけているね。

この繰り返し

この基本でリバース(逆)も練習してみよう。
頑張って。

GLIDE−グライド動画
posted by ブレイクダンス動画技 at 11:56 | ブレイクダンス

ウェーブ

今回は手、腕の動かし方
このダンサー Q. Burdette は 「The Tut」と呼んでいる動かし方。

tut の意味は チェッ と舌打ちするときの音のことかな。

この「The Tut」の最も重要なことは
とにかく90度に曲げろと言ってますね。

ナインティディグリーズ と何度も言ってますが 90度ということです。

腕も手首も小さい四角を作るときも、大きい四角を作るときも
90度。
これを意識して動画を見れば技のやり方がわかるね。

手の動かし方 
The Tut 動画


次の技は 「ウェービング」 Q. Burdetteは指の先から手首、ひじ、肩までの全ての関節を動かすよういってますね。
川の水が流れるようなイメージで。

何度も何度も繰り返し、スムースに流れるようになるまで練習、練習。

手の動かし方
ウェーヴの動画
posted by ブレイクダンス動画技 at 14:55 | ブレイクダンス

ブレイクダンス ヘリコプター

前ページでシックスステップの動画を紹介したけど
できるようになったかな。

次はヘリコプターと言う技の基本の動画。
言葉はわからなくても何度も見れば基本形がわかると思うよ。

ヘリコプター動画


次はリバースヘリコプターという技の動画
前ページで紹介したシックスステップからリバースヘリコプター
への移行だね。

自然に脚が動くまで何度も何度も練習あるのみ。

リヴァースヘリコプターの動画
posted by ブレイクダンス動画技 at 15:45 | ブレイクダンス

ブレイクダンスに重要なのは

ブレイクダンスで一番重要なのは?

テクニックでしょ?
色んな技が綺麗にできればソリャ〜もう人気者
天才、カリスマなんてもてはやされ
テレビなんぞに出て有名人。

これってうそだよ。

大体、ブレイクダンス自体が、ニューヨークのブロンクスで
不良たちが殴りあいの喧嘩の変わりにどっちがかっこよく踊るかって
ところから始まっているんだから

相手に勝つために色んなオリジナルの技を開発していったわけだね。
それがウエ〜ヴやウィンドミル やチェアーやヘッドスピンのような

それまで誰もやったことのない動き(ダンス)になって
それを見た若者達がそのかっこよさをまねて今や
B-BOY、B-GIRLにはできて当たり前の技になっちゃっているんだね。

ウエ〜ヴやウィンドミル やチェアーやヘッドスピンなんかを最初にやったやつは
すごいオリジナリティーを持ってたことになる。

その当時のブロンクスの若者達のダンスは今のB-BOY、B-GIRL達と比べれば、
決して綺麗でもなく、うまくもなかったはず。

そう、ブレイクダンスで一番重要なのは
「オリジナリティー」だ!!

うまい下手は関係ない。



posted by ブレイクダンス動画技 at 14:21 | ブレイクダンス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。